高品質なデオドラントのノアンデについて

わきがを悩んでいる人はかなり深刻な状態になります。
どうにかして治したいと思うため手術を検討する人もいます。
多くの人が効果を実感した商品のノアンデなら悩まなく良くなるはずです。

1日2回つけるだけで安心

わきがに悩んでいる人がまず考える対処法が市販のデオドラント商品をつかうことです。
市販の物は安価で手に入りやすいため多くの人が試すはずです。

スプレータイプのものは皮膚の表面に付着する割合が低く、完全な殺菌作用が得られないことがあります。
ローションタイプでは汗をかくと流れてしまって持続性がないものもあります。効果が長続きしないとこまめにつけないといけないため面倒です。
ノアンデはクリームタイプでわきに薄く伸ばして使います。

皮膚にしっかりと付着して殺菌して汗を抑えることでニオイを抑えてくれます。
汗をかいても流れることがありません。

実証試験として人工的な汗(酢酸)に塗布したノアンデを浸しておいたところ1時間経っても溶け出すことはありませんでした。
他の商品は同じ時間ですでに酢酸が濁っているので溶け出しているのがわかります。皮膚にしっかりと付いているのことで消臭効果を持続することができます。

ノアンデを使っている人の口コミでも「朝つけていけば夕方帰るときでも気にならない」などの書き込みがあります。
外出先でニオイが気になるたびにデオドラント商品を何度も付け直さなくていいのは助かります。

ノアンデをつけるのは基本的に1日2回だけです。

皮膚表面の原因菌を殺菌して繁殖しないようにすることで、12時間はわきがが気にならなくなります。帰りのエレベーターや電車の中で不安に感じていたわきがのニオイを気にしなくていいのが助かります。

ノアンデの殺菌作用の実証試験では、原因菌であるブドウ球菌やコリネバクテリウムに対して24時間経過した後でも99.9999%の割合で効いていました。菌が繁殖しなければニオイの発生がなくなるので臭わないのは当然のことです。気になるたびに何度も何度も付け直していたことを考えるとこの違いは大きいです。

手術を悩むぐらいなら試してみるべき

わきががひどい人は手術してまでも直したいと思います。

手術はニオイの原因となるたんぱく質や皮脂を分泌するアポクリン腺や皮脂腺、エクリン腺などの汗腺を取り除く方法で行われます。
基本的にはわきを開いて皮膚の裏側にある汗腺を潰してしまいます。

侵襲的な方法で行われる場合もあり、大きな傷が残ることになります。傷口を作らないように超音波や吸引などで汗腺を破壊する方法もあります。

どれもそれほど難しい手術ではありませんがまったく影響がないということは考えられません。
また手術代は安くても20万からになります。そんなリスクを負っても汗腺を除去しきれず、完全に治らないケースもあるようです。

ノアンデを使えば自分の体を変えなくてもわきがの対策ができます。
わきがを治すために傷や痛みなどの新たな悩みができてしまっては意味がありません。汗腺から分泌される物自体には気になるニオイはありません。

その分泌物が皮膚にある菌によって分解されることでニオイが発生します。
だから原因菌を殺菌できれば問題がなくなります。

いろいろな薬剤を使ったデオドラント商品がありますが、ノアンデは天然由来の成分しか使っていないのでデリケートな皮膚の人や思春期の子供でも安心して使うことができます。

ノアンデを使っている人の口コミの中には「手術を検討しなくてよくなった」というものもありました。
高額だし、何かあったときに元に戻せない手術に期待するのは勇気がいることです。

できればやりたくないという人がほとんどだと思います。でもわきがで一生悩むのが嫌なのも事実です。
1日2回塗るだけで解決するならその方が安心です。

いろいろな商品を試したり、手術の検討をする前に一度ノアンデを試してみてその効果を実感してみる方が解決への近道になるはずです。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です